1. HOME
  2. ブログ
  3. 飼い主の外出中は何してる?スマホアプリで監視カメラを設置してみる(解説付き)

飼い主の外出中は何してる?スマホアプリで監視カメラを設置してみる(解説付き)

ペットを飼っていると、心配なのが
「私達飼い主が外出している間のペット達のお留守番の様子」
ではないでしょうか。

帰ってきたら、部屋が荒れ放題だったり、部屋の片隅に粗相の跡があったり・・・。

ペットを飼っていれば、誰しも遭遇する変わり果てた家の様子に
時にげんなりすることもあるでしょう。

それと同時に、安全面も心配だったりします。

自分の留守中に泥棒が入ったりしないか、
地震などの災害があった場合に、ペット達の安否はどうなのか、
などなど。

いつどんな時でも、心配はつきものです。

さてさて、そんな悩める飼い主さん達に、
監視カメラとして働いてくれる「スマホアプリ」があるようなので、
当サイトでもご紹介してみようと思います。

用意するものは、iPhoneでもAndroidでもいいのでスマホが2台。
1台は、現在使用しているスマホで、もう1台は今は使っていない古いスマホです。
それでは早速設置してみましょう。

家に設置する監視カメラ

まずは、家に監視カメラとして設置するスマホを設定します。

こちらのスマホは、古いスマホを利用します。

前提として、
・家の中で、インターネット回線(光回線)を使用している
・U-Mobileなどの格安SIMを古いスマホに設定している
など、古いスマホも何らかの方法で、インターネット回線に接続していることが条件となります。

最初に、古いスマホに撮影用アプリである「AtHome Video Streamer」をインストールします。

↓AndroidのPlayストアの画面

インストール後に、アプリを立ち上げると、画面にはカメラレンズが向いている先の映像が映っているはずです。

途中、広告画面が出てくることもありますが、それは無視して×ボタンをタップしましょう。

画面の右の方に、「QRコード生成」というボタンがありますので、これをタップすると「QRコード」が表示されます。
このままで、次は普段持ち歩く現在のスマホの設定に移ります。

普段使っているスマホに監視カメラビューワを設定

現在使っているスマホに「AtHome Camera」をインストールします。

起動すると、以下のような画面が表示されます。

「今すぐ登録」ボタンをタップすると、アカウントの作成画面へと移ります。

メールアドレスとパスワードを設定して、アカウントを作成します。

アカウントが作成されると、以下のように初期設定画面へと移ります。

ひとまず、ここまで来れば後は、カメラの設定をするだけです。。。

監視カメラ(古いスマホ)のQRコードをビューワ(現在のスマホ)に設定

監視カメラ(古いスマホ)の「AtHome Video Streamer」を起動して、
「QRコード生成」をタップします。

QRコードが表示されますので、
ビューワ(現在のスマホ)の「監視カメラ用端末追加」をタップします。

ビューワ(現在のスマホ)で、監視カメラ(古いスマホ)に表示されたQRコードを読ませれば、設定完了です。

監視カメラの一覧に、先ほどQRコードを読んだ監視カメラ(古いスマホ)が表示されているはずです。

さて、それではこの監視カメラをタップしてみましょう。

監視カメラ(古いスマホ)を適当な位置に置き、ビューワ(現在のスマホ)で確認してみてください!

バッチリ映っていますね(笑)

ちなみに、監視カメラ(古いスマホ)のQRコードは、もう一度QRコードをタップすれば消えます。

監視カメラであるスマホ側の画面のバックライトが消灯しても、きちんとカメラ機能は生きているのが分かります。

これ、めちゃくちゃ便利ですね!
設定方法も簡単だし。

終了とちょっとした設定方法

終了させる

とりあえず、一旦監視を終了しようかな、と思ったら、
ビューワ(現在のスマホ)の左上に表示されている「終了」をタップします。

監視カメラ(古いスマホ)側も、スマホの「戻る」をタップすれば、終了することができます。

監視カメラ名を変更したい

ビューワ(現在のスマホ)に表示される監視カメラ名が何だか味気ない・・・。
その場合、監視カメラ(古いスマホ)の設定を変更します。

監視カメラ(古いスマホ)が、起動している画面で左上の設定ボタンをタップします。

メニューの一覧から「変更」をタップします。

「監視カメラ名」をタップして、分かりやすい名前に変更して、右上の「保存」をタップします。

同じように、ユーザ名とパスワードも変更できます。
これらを変更すると、ビューワ(現在のスマホ)を起ち上げた時に、接続できなくなります。
その画面内で、「監視カメラ名」や「ユーザ名」、「パスワード」など変更した部分を修正してあげれば、接続できるようになります。

もしくは、一度登録していた監視カメラを削除して、新たに「QRコード」を読み込ませるところから始めても変更した値で監視カメラが登録されるようになります。

撮影した動画をビューワ(現在のスマホ)に録画する

撮影した動画を自分のスマホに保存するには、ビューワの「録画」ボタンをタップします。

録画された動画は、mp4形式でスマホ内の「sdcard(外部メディア)」の「AtHome」フォルダ内に保存されます。

フォルダパスから探すのが難しい・・・と言う方は、
ビューワ(現在のスマホ)内の、「私」を開いてみましょう。

これは、いわゆるアカウントページのようなものですね。

一覧の「ローカルアルバム」を開くと、録画した動画の一覧が表示されます。

「ローカルアルバム」内の一番上にある「ローカル録画」をタップします。

録画保存された動画の一覧が表示されていますね。

各動画の右には、その動画を削除するボタンと、他の人とメールなどで共有するためのボタンが用意されています。
録画した内容を他の方に見てもらうことも簡単にできます。

クラウドに保存する

録画された動画が証拠データとして貴重な取扱いをする場合は、
データをクラウド上に保存するサービスもあるようですが、この機能を利用するには、やはり有償となるようです。

まぁ、自前で手軽に使うのであれば、スマホ内への保存だけで十分なような気がします。

まとめ

これだけの機能を無料で使えるのか、というくらいに非常に使いやすいアプリだと思います。

ただ、自宅にインターネット接続環境があることが条件なので、
モバイルルーターしか持っていない方だと、設置は難しいですね。

あと、何時間も監視する場合、監視カメラとして設置する古いスマホの電池容量なんかも気になるところです。

ペットを監視する場合、監視カメラである古いスマホが、色んな衝撃に耐えられるか(立ち続けていられるか)も重要かもしれません。

なにしろ、一旦火が付いた彼らの暴れっぷりはその辺に立ててあるスマホなんか
軽くなぎ倒していくでしょうからね(笑)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事