抹茶チョコにくるまれた苺との絶妙なバランスを楽しむ!「宇治抹茶苺とりゅふお茶苺さん」

包みを開けた時に、
「あれ、こんな茶筒に入ったお茶なんか買ったっけ???」

と勘違いするほどのちゃんとした(?)茶筒に入った伊藤久右衛門の
「宇治抹茶苺とりゅふ お茶苺(おちゃめ)さん」
です。

「宇治抹茶苺とりゅふお茶苺さん」
itokyu-banner

20160322sweets2

20160322sweets3

茶筒から出てきたのは、お茶葉が入った袋ではなく、とりゅふが入った袋。
持った感じのごわごわ感が何かを期待させてくれますね!


20160322sweets4

周りを覆っている抹茶は、「100%一番摘み抹茶のお濃茶」だそうで、
スイーツなのに抹茶のいい香りがほんのり漂います。

手についた濃い抹茶の粉も思わずぺろりと舐めたくなります。

20160322sweets5

フリーズドライされたまるごとの苺は、「ポーランド産のセンガセンガナ種」
あの赤が強くて有名な苺です。

“ぱくっ”とかじると、ドライ苺の甘酸っぱい味とホワイトチョコの控えめな甘さと抹茶の渋みの
すべてを感じることができて、食べ終わった後の何とも言えない満足感が
「さらに、もう一個」
と手を伸ばしてしまいます。


20160322sweets6

食べるのがもったいない・・・
と思いながら、袋の中をチラリ。


う~ん、、、いっぱい残っているのかそうでないのか(笑)


こちらも贈答用の紙袋も一緒に送っていただくことができます。

20160316sweets8

「宇治抹茶苺とりゅふお茶苺さん」
itokyu-banner


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2016.1.13

寒い時に身も心も温まるハーブティー!

ハーブを乾燥させて煮出したもので、とても香りの良い お茶です。 健康食品としても注目されていて、ティーパックや茶葉そのものなど、…

ページ上部へ戻る