茶の葉は一つ!

普段、皆さんが飲んでいる日本茶やウーロン茶に紅茶などなど・・

お茶には種類がたくさんあって、場面によって飲み分けている方もいると思います。


でも・・・

色々な種類があるように見えるお茶も、実は元をたどっていくと原料は一つしかありません。

それは、「カメリア・シネンシス」という学名を持つ

椿(つばき)科の植物の葉です。

きれいな白い花が咲くことでも有名なのですが、この葉を各方法で焙煎・発酵することによって

色々なお茶が完成していく、と言うわけです。


tea-leaf1

大きく分けると、茶葉を完全に発酵すると「紅茶」ができあがるんですね。

半発酵で「ウーロン茶」、不発酵が「日本茶」

ということになります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2016.4.19

贈り物にメゾンドゥヴェールのプリザーブドフラワー

この時期になると、いつも何を贈ろうか・・・と悩んでしまうんですが。 そう、日本では5月の第2日曜日となる「母の日」が近づいてまいりまし…

ページ上部へ戻る