玄米茶/ほうじ茶


genmai
「玄米茶」は、香ばしい玄米の香りを楽しめるお茶ですね。

炒った玄米に同量の煎茶や番茶を混ぜたものになり、香ばしい玄米のにおいが特徴になります。

玄米の量が増える分、カフェインが少なくなるという特徴があります。
玄米茶は、旨みや渋みが少ないため、お湯の温度は100度弱ぐらいが適温となります。


houzi
一方、「ほうじ茶」は、番茶や煎茶などを200度ぐらいの熱で

炒ったものになります。

茶葉がこんがりとしたキツネ色になるまで炒るので、カフェインが少なくなり

香ばしい香りがより際だつようになります。

玄米茶と同様に、お湯の温度は100度弱の高温で頂くと美味しく召し上がれます。



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2016.3.1

抹茶チョコにくるまれた苺との絶妙なバランスを楽しむ!「宇治抹茶苺とりゅふお茶苺さん」

包みを開けた時に、 「あれ、こんな茶筒に入ったお茶なんか買ったっけ???」 と勘違いするほどのちゃんとした(?)茶筒に入った伊藤久右…

ページ上部へ戻る