玉露/かぶせ茶


gyokuro
「玉露」は、煎茶の一種なのですが栽培方法に特徴があります。

収穫する前の二週間から20日間程度、「よしず」や「わら」で茶園を覆います。

こうするとことで、旨み成分である「アミノ酸」が増加し、渋み成分である「カテキン」が減少します。

旨み成分を生かすためにも、注ぐお湯の温度は【40度~60度】ほどの低温にすると美味しく頂けます。



kabuse
一方、「かぶせ茶」は、玉露よりも被覆期間を短くした茶葉のことを

言います。

玉露と同様に、渋みを抑えたお茶となりますので、やはり低温のお湯で頂くと美味しく

召し上がれます。




関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2016.3.1

抹茶チョコにくるまれた苺との絶妙なバランスを楽しむ!「宇治抹茶苺とりゅふお茶苺さん」

包みを開けた時に、 「あれ、こんな茶筒に入ったお茶なんか買ったっけ???」 と勘違いするほどのちゃんとした(?)茶筒に入った伊藤久右…

ページ上部へ戻る