煎茶/深蒸し煎茶


sentya
「煎茶」はいわゆる「不発酵茶」の一種で、最もよく飲まれているお茶になります。

茶葉を摘み取った時点から始まる発酵を「蒸す」ことによって、その働きを失わせます。

昔は、手もみにより茶葉の形状を整えていたのですが、現在では、「蒸し」から「揉み」、

「乾燥」までを機械的に一元管理で行うことが主流となっています。



fukamusi
一方、「深蒸し煎茶」は、普通の煎茶よりも2倍~3倍長い時間を掛けて 蒸したものになります。

長い時間蒸されることで、茶葉が細かくなりますが、その分お湯でこしたときに茶葉も

お茶の中に含まれることになり茶葉に含まれる有効成分をそのまま摂取することが出来ます。

また、普通の煎茶と違って渋みや苦みが少なくなるのが特徴です。



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2016.1.13

寒い時に身も心も温まるハーブティー!

ハーブを乾燥させて煮出したもので、とても香りの良い お茶です。 健康食品としても注目されていて、ティーパックや茶葉そのものなど、…

ページ上部へ戻る