ガリガリスクラッチャーでガリガリ爪をとぐ!

猫たちの「必須アイテム」と言えば、やはり
「爪とぎ」
ではないでしょうか。

あっちでガリガリ・・・
こっちでガリガリ・・・

爪とぎも小さいタイプを3つばかり置き、壁のコーナーに普通の段ボールをガムテープで取り付けた即興の物を用意はしていましたが、ここはひとつ爪とぎの新しいものを置いてみるか・・

と思い立ち、取り急ぎ買ってみたのがこの2つの爪とぎでした。



ガリガリラウンジスクラッチャー


20160405nanatomo2
まずは、爪とぎの上で休むことができるこちらの「ラウンジ」。

組み立ては必要なく、袋から出してそのまま置いて、”はい完成”。
となります。

床部分と両サイド、そして背面のすべてで爪とぎができるようになっています。

↑の写真のロイみたいに、ノーマルに乗っかって爪をとぐこともできますし、
この上で寝っ転がって休みながら爪をとぐこともできます。


↓のラスは、コロンと横になりつつ、背面の爪とぎで爪をといでました。
(※シャッターチャンスと思ったら、背面の爪とぎから180度くるっと回ってしまった・・)
20160405nanatomo3
ラスのような”6.9kg”という大きめの体だと、箱のサイズが若干狭い感じがしますね。


また、爪とぎに必ずついてくる「またたび」は、この「ガリガリラウンジスクラッチャー」にも付いてきますが、うちではふりかけていません。
なにせ数が多いし、またたびに興奮した彼らは、段ボールなど簡単に破壊してしまうからです(汗)



ガリガリウォールスクラッチャー


一方で、このウォールの方はと言うと・・・
組み立てのためのちょっとした工作が必要です。

と言っても、段ボールを折り目に沿って折ったり、両面テープで貼ったりするだけで、何も難しいことはありません。

20160405nanatomo4

きゅきゅっ、と折っていけば完成になります。
20160405nanatomo5

底面に滑り止めを付けて、壁ぎわに立たせれば立派なスタンド型爪とぎの登場です。
20160405nanatomo6

7つ猫に関しては、ラウンジよりこのウォールの方が気に入っているようですね。
20160405nanatomo7

ちょっと体の大きい子でも、うまく体を伸ばしてウォールからはみ出ないように、爪をといでくれています。
ロイは、あまりのお気に入りで、このウォールのところで昼寝するようになってしまいました!
20160405nanatomo8

こちらも、またたび付きですが、うちでは「ラウンジ」と同様、爪とぎにまたたびはふりかけていません。



総括


どちらの爪とぎも、削りカスが非常に出にくい作りになっていて、爪とぎの周りの床がカスで散らかるようなことはありませんね。

ウォールの方がよく使われる分、
「爪とぎ部分の替えができればなぁ~」と思ったり、

「体をのばして爪とぎをするから、ウォールの下の方が綺麗なまま残りそうだなぁ~」という悩みはあるものの、もう一つ二つくらいこのウォールがあってもいいな、と思わせてくれるだけの満足感もあります。


爪とぎにしては、値段が少し高めですが、部屋に置いた感じのフォルムや部屋の汚れにくさに関しては、非常に優秀な商品だと思いますね。


後は、どれくらいの期間、この爪とぎ部分がもってくれるかです・・・。



爪とぎや猫ちゃん向けの商品を購入するなら↓


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2016.4.19

贈り物にメゾンドゥヴェールのプリザーブドフラワー

この時期になると、いつも何を贈ろうか・・・と悩んでしまうんですが。 そう、日本では5月の第2日曜日となる「母の日」が近づいてまいりまし…

ページ上部へ戻る