秋・・・七つ猫とのスキンシップ!そして布団にズシン・・

季節も秋となり、少しずつ涼しく―――――
というか寒くなってきた今日この頃です。


さて、甲子園ほどではないにしても、熱い・・・いや暑い夏も過ぎて、
我が七つ猫達にも少しずつ行動に変化が現れてきました。


寒さが増していくこれからの季節に、猫達の様子がどのように変わるのか見ていきましょう!


互いにくっつくことが多くなる



夏の暑い間には、涼しい場所を探しながら単独で寝ていた彼らも
人肌や猫肌が恋しくなる季節のようです。




はい、すっかり恒例となっておりますが、
みぃちゃんママが大好きなミルクと
それを少しうっとおしく感じているみぃちゃんのツーショットです。

夏場でも結構みぃちゃんの近くから離れないミルクは、
この時期になると、真っ先に体を寄せていく相手はみぃちゃんとなります。

しかし、みぃちゃんの方はと言うと・・
”一刻も早くこの場を立ち去りたい”
という感じがありありです(笑)




寒くなってくると、やっぱり猫は体が丸まってきますねぇ。
体を丸めてくっついている様子を見ていると、
季節を感じさせてくれます。。。


人間にもくっつく



ミルク以外は(・・涙・・)人間のそばに佇んでいることも多いです。




チャルは、みんなの中でも特に人間にくっつくことが多い子です。

気がついたら、そばにチャルがいたなんてこともしょっちゅうですね。


体にこそ乗ってくることはありませんが、
朝、目覚めたらチャルが人間の足元で丸まってい寝ていることもしょっちゅうです。




これは、珍しく大勢でベッドの上にあがってきたときの様子です。

人間だってそうですけど・・・
やっぱり、猫だって毛布の上とかは気持ちいいんでしょうねぇ~。


ちぐらの中に入る



七つ猫の中でも、特に「ちぐら」の中を好むのがミルクです。




ちぐらの大きさが、体の小さいミルクにはちょうどよいのか、
日中、陽射しの差し込む場所にあるちぐらは、ミルクのお気に入りの場所でもあります。


ちぐらの中の座布団の上で、いつもスヤスヤ眠っています(羨ましい><)


こたつは人間にとって電気いらず



秋から冬の定番と言えば、やっぱり
「こたつ」
ですよね。

猫達も例外なく、こたつは好きです。




こたつ布団の中に入って、内側から布団にくるまれるのが
みんな大好きです。

したがって、こたつの外側に”こんもり”ふくらみ、というか
出っ張りが出来上がり、よくつまずくことになります。


”ごしゃっ”と猫達がこたつの中にいると、そこにはもう
電気など必要ありません。

いわゆる、「自家発電」みたいなもんです(笑)


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2016.3.1

抹茶チョコにくるまれた苺との絶妙なバランスを楽しむ!「宇治抹茶苺とりゅふお茶苺さん」

包みを開けた時に、 「あれ、こんな茶筒に入ったお茶なんか買ったっけ???」 と勘違いするほどのちゃんとした(?)茶筒に入った伊藤久右…

ページ上部へ戻る