女の子たちの悲鳴がぁぁ~!今日は年に一度の・・・

今日は、猫達にとって年に一度の恐怖の日。


それは・・・


動物病院へお出かけする日です(笑)


年に一度、動物病院で体重検査とワクチン注射をうってもらうために、
7つ猫は病院へと向かうのです。


そんなわけで、本日は女の子たちが”いざ出陣”となりました。


母親のみぃちゃんとちーちゃんとミルクがそれぞれのキャリーに入り、
狭い車内の後部座席いっぱいに並びます。


・・・・・


と、あっさり車に乗ったように書いてありますが、
もちろん、車に乗るまでも格闘です(笑)

すばしっこいミルクは、捕まえてしまえばあっさりキャリーに入ります。
みぃちゃんも危険を察知すれば、逃げ腰になりますが、
キャリーに入れるのは、それほど苦労しません。

おそらく、兄妹で一番気が強いと思われる
「ちーちゃん」
は、キャリーに入れるまでが一苦労なのです。


20161025nanatomo2
(病院から帰ってきた後も、タワーの上の方へ。。だいぶご機嫌斜めのようですね(苦笑))

体は兄弟姉妹の中でも2番目に小さく、普段は本当におとなしい子なのですが・・
ひとたび危険を察知した時の声の荒げ方、暴れ方は
まるで「小さな野獣」です。



やれやれ、
あっ、いや

さてさて、それでも無事に3つの猫を乗せて、病院へ。

診察まで結構時間が掛かりましたが、その間はおとなしく待っていてくれました。


最初に、まずみぃちゃんが診察台の上へ。

すると、まず先生からダメ出しが。
「だいぶ脂肪が付いていますね。。。」

診察台についている体重計は、昨年よりも大きい数字となっていたようです。

20161025nanatomo3

恥ずかしそうに(?)体をまん丸くして、ご飯の量の調節を誓う
みぃちゃんと、共に反省する飼い主の姿となりました。


後は、体のあちこちを診てもらい、最後に注射です。

注射は、毎年おとなしいのですが・・・
今年もやっぱりおとなしくさせてくれましたね。


20161025nanatomo4

すべてが終わった後のみぃちゃん。
どこか少し、ほっとした感じ!


さぁお次は、ちーちゃんです。

あれだけ、ぎゃーぎゃー騒いだ彼女も、とりあえず
診察台の上ではおとなしかったのです。

20161025nanatomo5

常に先生の方には目を向けず、
一刻も早くこの台から降りることを考えている後姿のように見えます。

でも、体重はほぼ現状維持だし、注射もおとなしかったですから
診察時間はあっという間でした。



最後にミルクの登場です。

20161025nanatomo6
ちっちゃい体は、臆病に震えている感じでしたね。

普段はあまり人間に近づかないミルクも、
今日ばかりは少し勝手が違うようです。


ミルクの体は、少し痩せすぎかも・・
と心配していましたが、先生曰く
「いい体形です」
ということ。

3.2kgの小さい体ですが、一番締まったいい体をしているようです。



さて、今回の女の子たちは、ちーちゃんを連れていくのに苦労しましたが・・
キャリーは、やっぱり「プラスチック製」のほうがいいかもしれません。

これまで、「布製キャリー」が2つに、ミルク専用の小さめの「プラスチック製キャリー」1つを持っているんですが、ちーちゃんのような暴れ馬の場合、布製では安定感がなく入れづらいのです。

今までは、「女の子たち(3つ)」、「男の子2つ」、「男の子2つ」で3回に分けて通っていましたが、キャリーをもう一個購入して男の子たちはいっぺんに全員連れて行こうと思っています。

なので、今回新たにプラスチック製の大きいものを購入して、来年のちーちゃんに対応できるようにしておくつもりです。


キャリーを買うこともそうですが、

全員のワクチン代に、診察料でおおよそ
「3万5千円くらい」。。。


出費もかさみます(苦笑)


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2016.4.19

贈り物にメゾンドゥヴェールのプリザーブドフラワー

この時期になると、いつも何を贈ろうか・・・と悩んでしまうんですが。 そう、日本では5月の第2日曜日となる「母の日」が近づいてまいりまし…

ページ上部へ戻る