Nたちの悲劇?!「たまのおねだり」で購入したあのごはんとおやつは彼らのお腹に届くのかっ!

我が家の猫達も、最近では「たまのおねだり」で購入した
「イワシの骨ごと柔らか煮」
「鹿肉ジャーキー」
などの、無添加食品を頂くようになり、これからもちょくちょく「たま」で購入した食材をあげていこうと思っております。


tama

さて、そんな折・・・

ヨーロッパブランドである「アルモネイチャー」の「グリーンラベルシリーズ」を購入してみたのです。


20160719tama2

使いきりサイズのウェットフードで、味は全部で4つ。
添加物や着色料、保存料など一切使用されていないナチュラルフードです。

”さぁ、みんなで美味しく頂きましょうね~!”
夜ご飯のウェットフードとして用意していたのですが、なんせ【七つ猫】ですから。
「55g」しか入っていない使いきりサイズ1袋ではやはり少なすぎる・・・。

そこで、2種類を混ぜてあげることにしました。

最初の一つ目は、「なまず」です。

20160719tama3

そして、まず1つめの「Nの悲劇」はここにありましたがそれは後ほど。


20160719tama4

それぞれの器に7等分して盛った上で、やはり少ないことを確認。
続けて2種類目の「サーモン」を加えました。


20160719tama5

とりあえず混ぜずに、2種類のウェットフードをドライフードの上に並べて完成です!


20160719tama6

普段、母親のみぃちゃんと一緒にご飯を食べるミルクも今日は兄弟姉妹みんなでご飯です!
ところが・・・・・


20160719tama7

んっ???・・・・・誰かがいない・・?!


あーーーっ!


写真では分かりづらいかもしれませんが、食事の時間が始まって間もなくその場を立ち去ったのは「チャル」でした。


そう、ここに悲劇の「N」が2つ。
1つ目の「N」は食べてもらえない「なまず」のこと。

そして、もう一つの「N」は「なまず」を食べられない「ねこ」のことです。


ちなみに、母親のみぃちゃんはチャルのように食事の皿に見向きもしない・・・
ということはありませんでしたが、綺麗に”なまずだけを残しました”(笑)


20160719tama8

2つの猫(N)は、なまず(N)がお嫌いのようです(泣)


英語では、「catfish(猫のようなひげを持つ魚)」と呼ばれるなまずも、我が家の一部の猫達にとってはあまり親近感のわく食べ物ではなかったようですね~。


アジア地域では人間の食用としても親しまれてきた「なまず」ですが・・
正直、この封を切ったときには”どぶ臭い”感じで、あまりいい匂いがしませんでした。

”食べてくれるかなぁ~”と少し不安になりましたが、ラスやたびは早く食べたいアピールをしてきたので、全員にあげてみたのですが、結果としてはこんな感じでしたね。

もちろん、後ほどチャルにはいつものご飯をあげましたが、無事に完食しました(苦笑)



さて、少々ドタバタしたご飯の時間も終わり、
”じゃぁ、口直しにおやつにしましょうか~”
と声を掛けると、元気よく”ニャー”と返事がきました!


おやつの時間も「たまのおねだり」で購入した「サプリ納豆」です。


20160719tama9

これは、人間がよく食べるあのパックの納豆とは違い、フリーズドライタイプで、1粒1粒がスナックのようにガリガリ食べられるようになっているのです。


はい、そうです。
続いての「Nの悲劇」は「納豆」です。


これに関しては、なんと「全滅」でした・・・・(悲)

誰も食べてくれないのです。
匂いを嗅ぐと、確かにうっすらと納豆の匂いはするのですが、ネバネバしているわけではありません。
中には、人間が食す納豆を好む猫もいるような話を聞いたことがあったので、我が家も大丈夫かと思ったのですが・・・

まぁ、食べてくれないのではしょうがない。
ということで、彼らの大好きな「猫福」を与えておやつタイムは終了です。


”はぁぁ、ダメかぁ”

とサプリ納豆を人間の口に含めてみると、
「これ、人間が行けるんちゃう?」
というぐらいに食べられそうな感じがしましたね。


20160719tama10

口に含むと、少し粘りがでるのはさすが納豆!


まぁ、納豆が嫌いな方ではどうにもならない話なんですけどね。



「我が家の猫は悲劇にはならない」と思われる方々。
是非、挑戦してみてください!!


tama

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2016.4.19

贈り物にメゾンドゥヴェールのプリザーブドフラワー

この時期になると、いつも何を贈ろうか・・・と悩んでしまうんですが。 そう、日本では5月の第2日曜日となる「母の日」が近づいてまいりまし…

ページ上部へ戻る