猫と共に暮らしている私達にとってこの動画は・・・涙涙(泣)

猫をうちに迎え入れることになった時・・・


正直、名前を付けてその名前で呼んだところで、

犬のように

”しっぽを目一杯振って”
”ワンワンワン”

みたいな愛想よい返事なんて、ぜ~~ん然期待していませんでした。


まぁ、つまりこんな感じで、人間の方に駆けてくるイメージってことなんですけどね↓



自由気ままに、
好き勝手に、
眠い時に寝て、食べたい時に食べて、そして・・・・
その隙間時間に、同居している人間たちの存在を”ちらっ”と感じる・・

それが「猫というものだろう」と思っていたわけです。


でも、母猫以外の6つは、生まれた時から我が家で生活してきました。

常に一緒に生活している人間のことをどう思っているのかは、この際置いておいて

名前を呼べば、”な~に”と振り向くし
”遊ぼうか”
”おやつにしようか”
と声を掛ければ、元気よく
”ニャー”
と応えてくれます。


冒頭のミルク先生は、
少し遊び疲れて、一息ついていたところを
空気も読まないうるさい飼い主によって、声を掛けられたため、

「鋭い目つき」で”なんじゃい!”と振り向いた瞬間となります(苦笑)


”写真はお断りニャイ”
と言わんばかりの眼光ですが、普段の生活では母猫のみぃちゃんにべったりのミルクも、こんな感じで呼びかけには応じてくれるのです。


ミルクとは逆に眠っていたちーちゃんも↓


やっぱり、内心はどうあれ・・↓


飼い主の呼びかけには、ちらっと一瞥をくれていますね(苦笑)



調子に乗って、男の子はどうかな??
と、やはり眠っていたロイ君へカメラを向けると・・・↓


こちらは、気の強い女性軍とは違って、優しい流し目でチラ見です↓


この辺で、とりあえず空気を読んで、
眠っている他の男の子達と母猫のみぃちゃんは、そっとしておきました(笑)


さて、
飼い主の呼びかけに自然と反応してくれた彼らの姿を見ると、
やっぱりこの動画を語らないではいられないですねぇ・・。


「3年の恩を3日で忘れる」


この猫の諺(ことわざ)を跳ね返す、
そしてわたくしがその昔、猫に対して漠然と感じていた
「懐かないだろう・・」
というイメージを払拭してくれる動画です。


以下、この動画の簡単なあらすじです。

*****
2年前に、入院を余儀なくされた
埼玉県在住の「大野さん」。

小さい頃から一緒に暮らしてきた愛猫の「くぅちゃん」をこの入院時に、泣く泣く手放すことになりました。

今はシニア猫となり、遠く仙台で元気に暮らしている「くぅちゃん」に、録音をした「他人の声」と「大野さんの声」を聞かせてみることに・・・。
何年かぶりに耳にする「大野さんの声」。

くぅちゃんに大野さんの懐かしい声は届くのか・・?
*****


あの、フードで有名な「カルカン」が「敬老の日」の記念として公開した動画なのですが、
猫を飼っている方にとって、また同じ境遇を経験された方にとっては、
涙なしには見ることができない動画かもしれませんね。


我が猫達の”チラ見”など問題にならない、
くぅちゃんの反応やしぐさに、改めて
「猫は決して恩を忘れない」
と思わせてくれた、心打たれるお話ではないかと思います。





関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2016.4.19

贈り物にメゾンドゥヴェールのプリザーブドフラワー

この時期になると、いつも何を贈ろうか・・・と悩んでしまうんですが。 そう、日本では5月の第2日曜日となる「母の日」が近づいてまいりまし…

ページ上部へ戻る