メゾンドヴェールのプリザーブドフラワーを置いてみた・・猫たちの反応は?!

先日、「贈り物にメゾンドゥヴェールのプリザーブドフラワー」でも書きましたけど、実際に買ってみましたよ!

「エトランジェ・ディ・コスタリカ」で、「プリザーブドフラワー」を。


上の写真のように、手書きイラストが描かれている段ボール箱で送られてきました。

早速、中を開けてみると「母の日」のメッセージカードが添えられ、ピンクのリボンで覆われたバラのプリザーブドフラワーのお目見えです。

20160510life2

普段お母さんや奥さんにお礼ができていない男諸君にとっては、唯一感謝の気持ちを贈ることができる日でもあります(笑)

20160510life3

さて、早速ではございますが、猫達に
「お、新しいおもちゃじゃん!!」
と、まるで”某家具屋さんのキャッチコピー”のようなセリフを吐くかの如く、集まられてしまいました。


20160510life4

まぁ、だいたい臆することなく近づいてくるのはチャルです。
猫にとっては、何か匂いがするんでしょうね。
くんくんと必死に匂いを嗅いでいます。

しかし、何でも口に入れてみようとするチャルにとっては、匂いをかぐだけで終わるなんてことが結構珍しかったりします。

20160510life5

真っ赤なバラを抜いてみると・・・
たびが中を覗き込みます。
「緑の草を食べてみようと思う・・」

そんな感じですが、もちろんあげることはできません(苦笑)


20160510life6

実際に、刺さっていたバラと周りを埋める緑の花(アジサイ)を全て抜き取ると、割と細い針金で刺してあることが分かります。

20160510life7

猫たちにとっては、口に入れてしまえば簡単に引っこ抜くことができます。
現にアジサイの花はなんとなく興味が行くのか、それとも軽そうに見えるのか何回か引っこ抜かれてしまいました。


20160510life8

ただ、生花の時よりは、あまりいじり倒すようなことはなく、思っていたほど興味を示す子がいませんでしたね。

加工してあるので、口にできないことを理解してくれたのか・・・?


20160510life9

現在では、こんな感じで造花をたばねている入れ物の隣に、ひっそりと置かせていただいております(笑)

20160510life10

何気なく、今日確認してみたらアジサイの花が一つ抜けていましたね(;^ω^)
横向きに置いてあるため、何かの拍子に抜けてしまったのか、それとも・・・


ま、まぁそれでも現在まで、割と簡素だった玄関先が花で明るくなりましたので良しとしましょう。


【※注意】
今回の検証は、我が家のいたずら好きな猫達での検証結果です。
他のおりこうさんな猫ちゃん達の場合、違う結果になる可能性もあるので慎重にご検討ください。


メルヴェールのプリザーブドフラワーなら「エトランジェ・ディ・コスタリカ」
etrange-logo

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2016.3.1

抹茶チョコにくるまれた苺との絶妙なバランスを楽しむ!「宇治抹茶苺とりゅふお茶苺さん」

包みを開けた時に、 「あれ、こんな茶筒に入ったお茶なんか買ったっけ???」 と勘違いするほどのちゃんとした(?)茶筒に入った伊藤久右…

ページ上部へ戻る