プーアル茶の2つの種類?!

日本でも、ダイエットブームの一員として、
一時期、この「プーアル茶」が人気を博していました。

元々は、中国の「雲南省」で生産されているお茶で、世界中で飲まれているお茶として
愛好家が多いお茶でもあるのです。


実は、このプーアル茶には大きく分けて
「2つの違い」
があります。


生茶



プーアル茶を愛する人たちに、特に飲まれているのがこの
「生茶」
になります。

プーアル生茶をコップに注ぐと、鮮やかなゴールド色をしているのが特徴の一つです。

私たち日本人がよく口にする「緑茶」は、年月が経つにつれて
・香りが落ちる
・味が変わり、美味しくなくなる
など、劣化が見られるのが普通ですが、「プーアル生茶」は、
まったく逆の作用が働き、年月が経つにつれてだんだんと美味しくなるのです。

元々、甘い香りのするプーアル茶が、時が経つにつれて、味わい深いまろやかさを
兼ね備えるようになります。


また、緑茶と違い
「同じ茶葉で何度でも飲むことができる」
という特徴もあります。


緑茶の場合、何度も同じ茶葉で飲むとどうしても味が薄まったり、
美味しくなくなったりしますが、

プーアル生茶の場合、10回程度同じ茶葉で飲んでも
美味しくいただくことができます。

これだけ、味が長続きするとコストパフォーマンスの点でも非常に重宝するお茶となりそうですね。



熟茶



日本で、よく飲まれているプーアル茶がこの
「熟茶」
になります。


熟茶の特徴としては、やはりお茶の色が日本でもよく見る
「茶色」
をしていることでしょう。


お茶は、発酵度が高いほど茶色になっていきますが、
この「プーアル熟茶」は、「プーアル生茶を人工的に発酵させたお茶」
となるのです。

日本でよく飲まれているプーアル茶のあの独特な香りは、この発酵させた
「質の悪いプーアル茶」
が原因となります。


元々、「プーアル熟茶」は、プーアル生茶の味を低コストで飲めるように、
と開発されたものなので、生茶に近い味で飲めるはずなのですが、

日本では、この質の悪いプーアル熟茶が出回ってしまい、
どうしても「プーアル茶=美味しくない飲み物」
というイメージがついてしまっています。

「プーアル熟茶」を選ぶ場合、試飲ができる環境であれば、
試飲後にその香りや味を確かめてから、購入した方がよいでしょう。


また、プーアル熟茶にもプーアル生茶同様、
年月が経つにつれて、熟成され味が美味しくなるという特徴があります。



なぜ質の悪いプーアル茶が売られるようになったのか?



では、なぜ質の悪いプーアル熟茶が売られるようになったのでしょうか。

それは、プーアル茶がワインなどと同様に
「投資の対象となっていること」
に原因があります。


このプーアル茶の価格上昇を背景に、質の悪いプーアル茶がたくさん作られました。
それもそのはずで、作れば売れるわけですから、味の良し悪しが関係なくなってしまったのです。


現在も、世界中で嗜好品として飲まれるプーアル茶は、やはり投機目的としても購入されているのです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2016.3.1

抹茶チョコにくるまれた苺との絶妙なバランスを楽しむ!「宇治抹茶苺とりゅふお茶苺さん」

包みを開けた時に、 「あれ、こんな茶筒に入ったお茶なんか買ったっけ???」 と勘違いするほどのちゃんとした(?)茶筒に入った伊藤久右…

ページ上部へ戻る