梅酒におつまみ!おやじと化した飼い主に群がる猫達・・・

世間ではゴールデンウィークも終わりが近づいてきました。
我が町北海道地方も、日中はだいぶ暖かくなってきましたが、夜になるとちょっと肌寒かったりするのは毎年の事。
今年も、たま~に夜はストーブを焚いている日々です。


お酒はたしなむ程度のわたくしとしては、近頃少しはまっているのが
「梅酒」
だったりします。

今は、サントリーの「澄みわたる梅酒」をよく飲んでいます。
これ、澄みわたるの「わたる」って”ひらがな”ですけど、ひらがなの方がなんだか広がっていく感じがしませんか。

体中にしみていくような・・・。

これが「澄み渡る」だとなんだかきゅうくつな感じがしますし・・・。
ネーミングの字体だけで、物の印象ってこんなに変わるもんなんだなぁと、製作者の方のセンスにつくづく感心させられながら、”ぐびっ”と一杯。

とかなんとか一人で飲んでいたら、寂しく物思いにふけっていたように見えたのか、
チャル君が「酒か、つきあうニャ」
と言う感じで、寄ってきてくれました(笑)


まぁ、チャルはいつも夜になると
「遊べ」
と催促してくる子なので、たぶん
「酒を飲んでる暇があったら遊ぶニャ」
ということなんでしょうね。


すると、他の子たちも何かにつられるように集まってきました。
「おやじと化している飼い主の晩酌につきあおう」
・・・
・・・

というわけでは、もちろんなく、彼らの狙いはおつまみの「いかの燻製」なわけです(苦笑)


20160505tyaru2

何とか食べようと必死の姿に思わず苦笑いですが、そっと手を伸ばして取ろうとしているロイ君の動きはバレバレです。


20160505tyaru3

「まったくよこす気はないのかニャ」

と、ミルクさんは少し怒った様子です。
美味しそうな匂いが漂っているし、気持ちはわかりますがあげられません!


20160505tyaru4

「うまそ~・・」
と、じっといかを見つめるたび君です。
この視線、非常に食べづらいです。


20160505tyaru5

「何とかして、こいつから”いか”をもぎ取れないものかっ!」
と上から下から覗き込むうるせい奴らです。

はいはい、いか、片づけるから。
いかの燻製を早々に片づけました。

去りゆく”人間”と”いか”を見つめているたくさんの視線を感じながら、
今日も夜は更けていくのでした・・・。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2016.3.1

抹茶チョコにくるまれた苺との絶妙なバランスを楽しむ!「宇治抹茶苺とりゅふお茶苺さん」

包みを開けた時に、 「あれ、こんな茶筒に入ったお茶なんか買ったっけ???」 と勘違いするほどのちゃんとした(?)茶筒に入った伊藤久右…

ページ上部へ戻る