• 2018.4.1
  • S字の爪とぎは女の子専用?!プレゼント品は各自好みがあるようで・・ はコメントを受け付けていません。

S字の爪とぎは女の子専用?!プレゼント品は各自好みがあるようで・・

【3月24日】

今年もめでたく誕生日を迎えることができました。


我が猫たちも生まれてから早「4年」の月日が流れ、
当たり前のように食べ、
遠い目をしながら大あくびをし、
そして、今日もいつものように眠りについています。


家の周りでこの寒かった冬を何とか乗り切った野良猫たちの苦労をよそに、
”おやつニャ”
とネスレの”ピューレKISS”を目掛けて飛んできました。




食い意地がはっているラスなんかは、こちらの動きを気にしつつ、
スキあらば自分だけが旨いものを食っちゃる・・・

という動きを見せたりして、全く油断なりません。




さて、そんな彼らに、今年もプレゼントというものを用意するかぁ・・、
と考えた挙句、”今年もやっぱり、爪とぎかなぁ”と昨年と同様、新しい爪とぎを購入することに決めました。


新しく選んだ爪とぎは全部で4つ。
当たりはずれがあるでしょうけど、それぞれ置いてみた彼らの反応をご紹介していきましょう!


にゃんこのS字爪とぎ ウッディ





幅50cm、高さ55cmのS字型爪とぎです。




ロイがおそるおそる覗き込んでいますが、存在感のあるそのS字フォルムは
好奇心旺盛な彼らを惹きつけるには十分のようですね。








どの角度から見ても、すべての面で爪とぎができるようになっています。
つまり、最初に置いた状態で爪とぎがされて段ボールがボロボロになっても、
上下をひっくり返せば、また新しく爪とぎができるということになります。




置いてから2,3日ですが、結構いい具合に皆さん使ってくれています。
みぃちゃんは、特に思いもよらずユーモラスな格好をたびたび披露してくれています。




写真のように我が家では壁際に置いています。

重量もあるし安定感も抜群なので、
場所に余裕があるのなら、壁から離したところに置くと
猫たちも、もっとアスレチック的に遊ぶことができるかもしれませんね。




身軽で体の小さいミルクは、下から真ん中そして上へと登ってきて、
”上までおいでよ”とみぃちゃんを誘っています。

ひとしきり下で爪をガリッていたみぃちゃんは、
満足したのか、短い足を”ピ~ン”と伸ばし毛づくろいしています。
カメラに気づいて、固まっていますけどね(苦笑)

こんな感じで、意外にも女の子たちに人気の爪とぎとなっているのです。


ガリガリサークルSK インテリアビッグ ライトブラウン





数ある爪とぎの中でも、
・体がすっぽりと収まる
・自分だけの空間となる

そんなサークル型の爪とぎを置いてあげたいな、とずっと思っていました。

ところが、当サイトでもたびたび書いているように、
好き嫌いの激しい彼らは、何かにもぐったり、入ったりすることがあまり好きではありません。

今回購入した「ガリガリサークルSK インテリアビッグ」も、いわゆる
「中に入る系」
に分類されるので、使ってくれるかどうかは心配でした。




体重が6.5kg前後のロイもゆったりすっぽり入れる大きめのサークル型爪とぎなのですが、
設置後数日もすると、誰か彼かはこのサークルの中にいるような感じになってきましたね。




くつろいでいるみぃちゃんは、
サークルの中でも足がそろっているのです。




ちーちゃんとミルクの組み合わせのように、
女の子たちであれば、一緒に入ることができるでしょうし、
体の大きい男の子と女の子の組み合わせでも、一緒に収まることができそうです。


爪とぎ畳





普段、家の和室には入れないようにしているのですが・・・

ちょっとの隙をついて、
普段は入れないような場所にも、”ささっ”と侵入してくるのが猫というものですね。


そして、侵入後は畳の上をゴロゴロとするのがみんな好きそうだったので、
それならば用意してやろうじゃないかと、思い立ったのが
この「畳の爪とぎ」になります。




縦48cm、横36cmの大きさで、猫1つ分になります。




体の大きいロイが乗っかるとこんな感じで、
十分爪とぎできる大きさとなります。


本物のい草を使っているので、匂いも本物だし、
両面とも畳になっていて、裏表で使用できます。




壁掛けとして使用する場合の輪っかも付いていますので、
猫達の環境に合わせて置くことができるのですね。


ただ、残念なことにこの「畳の爪とぎ」はそれほど使用頻度が高くありません。
和室の畳と違って、面積が狭すぎるのかなぁ・・・


ファニーキャッツ ボール





最後は、ボール型爪とぎです。

じゃらし付きのボールで、球面全体が爪とぎになっています。




”なんじゃい、この丸いのは?!”
たびとミルクが不思議そうに匂いを嗅いでいます。




くるくる回って、たびが中心のじゃらしに気づいたようですね。
実は、このボールの中心にじゃらしを挿すところがあります。
そして、このボールは軸を中心に回転します。




あっ、あれ??
たびがどっかに行ってしまったし、ロイも遠目から眺めているだけだし、
ミルクは何とかボールの上に乗っかっているけど・・・

これには、あんまり皆興味がないようですね(苦笑)




チャルとロイも興味があるのはじゃらしの方であって、
ボールの方には目もくれません(涙)




ボールからじゃらしを取ってみると、こんな感じです。
先の方に羽がついていて、中には鈴が入っているので 揺らすと音も鳴るのです。




本来は、ボールで爪みがきをしながら、
中心にあるじゃらしに触れると、音が鳴って、
そのまま引っ張りだして遊ぶ・・・


という流れなんでしょうけど、
なかなかそうはいきそうもありません。


好き嫌いはやっぱりあるよね





というわけで、4つの新しい爪とぎがやってきたわけですが、
使用頻度にかなり差が出そうな気がします。

S字爪とぎへの群がり方は、まさに丁々発止のごとくですけどね。


1か月経ち、2か月経って、どれがどれほど使われることになるのか・・
改めてご報告したいと思います!






関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

2016.3.1

抹茶チョコにくるまれた苺との絶妙なバランスを楽しむ!「宇治抹茶苺とりゅふお茶苺さん」

包みを開けた時に、 「あれ、こんな茶筒に入ったお茶なんか買ったっけ???」 と勘違いするほどのちゃんとした(?)茶筒に入った伊藤久右…

ページ上部へ戻る