懐かしいあの和菓子も―京都の和菓子と抹茶でまったり!

”生八つ橋”って何年ぶりだろう・・
と懐かしい思いに駆られながら、久々に京都周辺のお菓子を購入してみました。

近所のスーパーに、「京銘菓 白心堂」が期間限定で出店していたのです。


中々、関西方面に行く用事がない身分にとっては、
やはりこういったアンテナショップは助かりますよね。


今回は、3種類のお菓子を購入したので、ご紹介しちゃいます。


まるもっち





1つ目は、神戸のお菓子なんですが、”ふわっ”ともちもち感触が美味しい
「まるもっち」
になります。




おもちの味は、全部で4種類。
一口サイズで頂けるのですが、一口で食べると中に入っている「こしあん」の存在に気が付かないくらい、おもちの存在感が激しいです(笑)




甘さを引き立てる粉の量も半端ないですが・・
ロイがおもちについている粉を舐めようと舌を出しています。
猫ってなぜかこのような粉をすぐに舐めようとしないですか?




写真は、左にストロベリー味、右にミルク味、そして・・・
上にロイの手があります(苦笑)




おもちを割ってみると、中にはちゃんとこしあんが入っています。
1個目をぱくりと行った時、このこしあんの存在に気が付きませんでした。。。




たびもやって来ましたね。
やはり粉が気になるんでしょうかねぇ??



京の半生 桂利休





2つ目は、「京の半生 桂利休」です。

砂糖のかかった”ゼリー菓子”です。
味もさることながら、秋を感じさせるその見た目もとても楽しめるお菓子ですね。



チャルがやって来ました!
くんくん匂いを嗅いではいますが、表情は
「なんだぁ・・おいらの食べ物じゃぁないじゃん」
と分かっている感じです(笑)






色とりどりで、食べるのがもったいないですが、
食感も楽しめますよ。


生八つ橋





言わずと知れた「生八つ橋」です。
生八つ橋は、やっぱり抹茶が合いますねぇ。

ここは、「ネスレ ドルチェグスト」の抹茶を一緒に頂きたいと思います。




ネスレコーヒーマシンの「宇治抹茶」ポーションで抹茶を入れます。




我が家では、宇治抹茶は「メモリ量5」で頂きます。




八つ橋から香るシナモンとお抹茶がよく合います。

・・・・・あれっ??

生八つ橋には、誰も寄って来ませんねぇ(笑)





関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

2016.3.1

抹茶チョコにくるまれた苺との絶妙なバランスを楽しむ!「宇治抹茶苺とりゅふお茶苺さん」

包みを開けた時に、 「あれ、こんな茶筒に入ったお茶なんか買ったっけ???」 と勘違いするほどのちゃんとした(?)茶筒に入った伊藤久右…

ページ上部へ戻る